創立百周年記念事業を実現する募金活動(第一期) 
100周年記念事業募金趣意書

第一期創立100周年記念募金事業の状況

平成28年度末の募金の状況は以下のグラフの通りです。



100周年記念事業募金趣意書

ごあいさつ
~創立100周年記念事業への寄付のお願い~

 会員の皆様には益々ご清栄のことと、お慶び申し上げます。 さてわが母校である東京都立新宿高等学校は、来る平成34年 (西暦2022年)に創立100周年という栄えある節目を迎えます。この節目の年に向かって、記念となる事業を展開すべく実行委員会を設立し、以下の通りの事業目的を設定しました。

<事業の目的>
<事業の目的 > ・母校新宿高校の更なる発展を支援する
 ・朝陽同窓会会員間の親睦を益々向上させる
 ・府立六中以来の良き伝統を未来に継承する

 そして上記の目的を達成するにふさわしい記念事業を代表幹事の皆様方から募った所、その件数 は64件に達しました。更に検討を重ね案件を絞った所、下記の3件 を100周年を迎える際に絶対に成し遂げたい重要な事業であるとの選択をいたしました。

<重要事業項目>
 <重要事業項目 >・都立高校でトップクラスの奨学基金の充実
 ・親睦の輪を広げる為の集いの場の確保
 ・臨海教室継続の為の館山寮の機能増進

しかし上記の事業を具現化するためには多くの資金を必要といたします。つきましては甚だ恐縮ではありますが、同窓会会員の皆様にお願いして寄付を募ることといたしました。募金の趣旨を十分ご理解賜り、ご協力くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

東京都立新宿高等学校朝陽同窓会 会長 垂水尚志(15回)
創立100周年記念事業実行委員会 委員長 宮崎直道(24回)

募金要領

■名称 創立100周年記念募金
■目標額 一億円
■目的 ・奨学金基金の充実 4千万円
     ・集いの場の確保   3千万円
     ・館山寮の機能増進  3千万円
■期間 平成28年度末までの2年間
■単位 一口一万円 ご芳名を末永く顕彰させていただきます

事業概要

奨学基金の充実 【4000万円】
都立高校ト ップクラ スの奨学金制度の充実
 ◆原資の増大    ・あい基金300万円 ・朝陽同窓会4000万 円/2年
 ◆支給額の拡大  ・お祝い金から 奨学金に   ・1万 円 /月 /10名 /各学年(30名 )
 ◆給付対象者の選定と 管理  ・給付対象者の選定は、学校側に 一任
   ・(財)朝陽会が支給業務を受託
 ◆支給開始予定  ・H28年 4月 より

集いの場の確保 【3000万円】 
旧朝陽会館のように気軽に 使える所  当面は賃借、 将来は自前の会館も
 ◆平日、夜間・土日 祝日も随時利用可能で100名 以上が集える施設の確保
  ・母校近辺の事務所(事務局、会議室)現在調査中
 ◆利用目的 ・代表幹事会 ・朝陽クラブ ・同期幹事会 ・クラス会・運動部、文化部OB会
 ◆施設利用条件 ・飲食も可能な場所

館山寮の機能増進 【3000万 円】
臨海教室の永続/シーズン外の利用
 ◆現行機能の維持
   ・臨海教室が長く実施できるような計画的な建物 設備補修工事の実施
 ◆春・秋・冬にも利用可能となる機能向上
   ・女子棟にトイレ、洗面の増設



発起人
◇代表発起人◇
東京都立新宿高等学校朝陽同窓会 会 長 垂水尚志(15回 )
創立100周 年記念事業実行委員会 委員長 宮崎直道(24回 )
◇発起人◇
松本雄吉 (中21回 ) 佐藤喜一(1回 )  河合明博(5回 )
橋本恵堅 (9回 )  村上光一(10回 ) 菊池光興(14回 )
池辺晋一郎(15回 ) 青柳正規 (15回 ) 北村敬子(16回 )
塩崎恭久 (22回 )  西尾信子 (24回 ) 鈴木裕太(25回 )
鎌田 邦広 (35回 ) 寺村仁美(37回 )  関嶋政和(44回 )

平成27年5月に朝陽64号とともに皆様のお手元にお送りいたしました「募金趣意書」はこちらからご覧ください。