朝陽祭

経緯

2008(平成20)までは朝陽祭、昔の学園祭、が母校で開催されていても、朝陽同窓会は知らんふりしていた。したがって卒業生が朝陽祭を見に
来ても、事務室は閉まったままで何のもてなしもしなかった。


これではいけないといことで2009(平成21)の総会で新たに就任した吉村幹事長の提案で、朝陽同窓会も朝陽祭に出展することとし、学校側の
了承も得た。

目的

朝陽祭に出展することにより、母校の生徒・先生・保護者のみならす、これから新宿高校を目指す中学生とその保護者の方々に、府立六中・新宿
高校の栄光と伝統を広く開示することにある。

実績

展示は毎年出品する常設のものとその年だけ特別に展示するものとに分かれる。

特別に展示するものは、運動部・文化部の歴史などである。

過去の特別展示は下記の通り。

2009(平成21) 軟式野球部、硬式野球部

2010(平成22) バスケット部、生物部

2011(平成23) 水泳部、館山寮・臨海教室の歴史

2012(平成24) 天文部、剣道部

2013(平成25) バレーボール部、放送研究部

2014(平成26) サッカー部、戸山新宿交流戦

2015(平成27) 陸上競技部、朝陽合唱団

2016(平成28) 館山寮改修、100周年記念事業

2017(平成29) 硬式テニス部、100周年記念事業

今年の常設展は以下の通りである。

・「六中~新宿高校90年の歴史」

・「歴代会長一覧表」

・「東郷元帥揮毫」

・「裕丸-荒木貞夫陸軍大将の軍刀」

・校章やバッチや帽子

・初代校舎の模型と二代目校舎の写真

・初代阿部校長の胸像と書

事務局の役割

事務局は毎年5月の総会開催時までに、今年の特別展に展示する運動部・文化部を決定し、展示品を朝陽祭までに作成するよう各部のOB会に対し
て要請する。


朝陽祭の前日になると展示のための部屋も模様替えを行い、廊下にも展示を行う。

当日は朝陽同窓会の会長始め役員も大勢来局し、先輩後輩や来客の応接に当たる。

今後

今後共恒久的に展示を行う。

(2017/10/27 吉村)