台風被害状況 被害状況を写した写真などはこちらから
罹災から2019年10月末までの対応状況



館山寮男子棟修復について

台風15号で甚大な被害を受けた男子棟の修復について、10月末現在までの
朝陽同窓会の取り組みについてご報告申し上げます。

1) 今までの経緯
・9月08日(日)台風15号により、男子棟屋根など吹き飛ぶ被害
・9月10日(火)佐藤栄作朝陽水泳会会長が現地入りして被害状況確認
・9月17日(火)寺澤事務局長が現地入りして、館山寮管理人などと協議
・9月26日(木)椎名政夫建築士(中19回)、宮崎副会長、寺澤事務局長現地視察
・10月1日(火)保険会社の現地査定があり、寺澤事務局長も同行
・10月5日(土)PTA役員会で吉村幹事長が被害状況を説明、協力を要請
・10月15日(火)財団法人理事会・評議員会開催、詳細は2)参照
・10月16日(水)母校の職員会議で吉村幹事長が被害状況を説明、協力を要請
朝陽同窓会代表幹事会開催、詳細は3)参照

2)財団法人朝陽会理事会・評議委員会
・10月15日(火)に開催された館山寮の所有者の財団法人朝陽会の理事会・評議員会では「来年の臨海教室実施に向けて男子棟を修復する」ことが決議された。
・更に「財団法人朝陽会は手持資金がないので、朝陽同窓会とPTAに寄付を要請する」とのことも決議された。
・また「修復工事を計画監督するため、財団法人理事会内に修復実行委員会を編成する」ことも決定した。なお委員会の事務局は朝陽同窓会事務局が担当する。

3)代表幹事会
・前述の財団法人朝陽会の要請を受け、朝陽同窓会は「全力で館山寮男子棟の修復を支援する」ことを決定した。
・修復を支援する理由は会の通りである。
 館山寮は卒業生にとって貴重な思い出の地である
 臨海教室は100年近く続く伝統行事
 1年生は臨海教室に行き真の新宿高校生となる
 この5年間卒業生の答辞で触れられていた
 歴代校長等が支援
・本年11月までに全朝陽同窓会会員に募金を呼び掛けることし、ゆうちょ銀行の他、クレジット決済などでも出来るよう検討する。


新宿高校館山寮台風被害報告

 館山寮の現状をご報告します。

  台風15号の影響で、臨海教室が行われる館山寮についても甚大な被害を被ってしまいました。

写真は海岸から見て左側の男子寮の被害の状況ですが、屋根の部分が完全に剥がれ落ちてしまっています。






 朝陽水泳会の有志の皆さんにライフラインが途絶えている中、現地に入っていただき、物品の整理、散乱したがれきの撤去、近隣の方々へは生活支援を行ってもらいました。

 これから再建に向けて様々な困難が予想されますが、学校教職員、PTAの方々、地域の皆さまと連携を取りながら、諸問題に取り組んでいきます。同窓生の皆様には、引き続いてのご支援宜しくお願い申し上げます。

 皆様からお問い合わせを多数頂き、ご心配をお掛けしましたが、事実関係の確認に手間取ってしまいご報告が遅れてしまったことにお詫び申し上げます。