表紙
朝陽同窓会規約

第1条(名称)
  本会は朝陽同窓会という。

第2条(本部・支部)
 本会は本部を東京都新宿区内藤町11-4 都立新宿高等学校内に置き、適宜支部を設ける。

第3条(目的)
 本会は会員の親睦と向上を図り、母校と緊密な関係を保つことを目的とする。

第4条(事業)
 本会は前条の目的達成のために次の事業を行う。
 1.会員名簿の作成
 2.会報の発行
 3.総会の開催
 4.その他総会において決定した事項

第5条(会員)
 本会は次の者よりなる。
  1.普通会員 府立第六中学校、都立第六中学校、都立第六新制高等学校、都立新宿高等学校全日制卒業者 並びに前記以外でかつて在学し入会を希望する者の内、代表幹事会が認めた者
  2. 特別会員 前記学校現旧教職員

第6条(入会金)
 普通会員は入会に当り、入会金15,000円を納入する

第7条(会費)
 普通会員は年会費2,000円、または長期会費10,000円(年会費6年分に相当)を納入する。但し入会後5年間と特別会員会費を免除する。

第8条(運営)
 本会の運営は入会金、会費、寄付金、臨時会費をもってこれに充てる。

第9条(総会)
 本会は毎年1回定期総会を、必要な場合には臨時総会を開催する。

第10条(総会の議決事項)
 総会は次のことを議決する。
  1.本会の規約の変更
  2.予算と決算
  3. 会長・副会長の選出
  4. 監事の選出
  5.その他重要な事項

第11条(総会の議決)
 前条の議決には総会出席者の3分の2以上の賛成を要する。

第12条(役員)
 本会には次の役員をおく。 会長1名、副会長15名以内、監事2名、幹事長1名。

第13条(役員と代表幹事の選出)
 会長は普通会員中より、副会長は普通会員および特別会員中より、代表幹事会の推薦により総会において選出する。
 監事は代表幹事以外の普通会員中より総会において選出する。
 幹事長は代表幹事会の推薦により会長が代表幹事中より委嘱する。
 代表幹事は各卒業年度の会員の中から互選する。

第14条(役員の任期)
 役員の任期は2年とし、重任を妨げない。但し、連続して5期(10年)を超えないものとする。

第15条(顧問) 
 本会に顧問をおくことが出来る。
 顧問は会長の求めにより会務に助言する。

第16条 (会長・副会長)
 会長は本会を代表し会務を総理し、総会、役員会および代表幹事会を招集しそれぞれの議長となる。
 副会長は会長を補佐する。

第17条 (監事)
 監事は会務を監査する。

第18条 (幹事長)
 幹事長は会務を処理する。

第19条(代表幹事会と役員会)
 代表幹事は代表幹事会を組織し、次の事項を議決する。
 1.総会の開催
 2.会員名簿の作成
 3.会務の遂行
 4.予算案および決算案
 5.役員の推薦
 6.幹事長処理事項
 7.その他必要事項
 役員は役員会を組織し、代表幹事会に提出する議案の審議・調整を行う。

第20条 (事務局)
 本会は本部内に事務局をおく。事務局には事務局長1名、事務局員若干名を置く。事務局長、事務局員の任免は幹事長が行う。

第21条 (事務局内規)   
 本会の事務処理のため事務局内規を別に定める。

第22条 (会計年度) 
 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第23条 (発効)
 この規約は2020年12月15日をもって発効する。


この規約は令和2年12月15日同窓会総会紙上審議にて改定が承認されたものです。
◆承認された主な改定点
*現旧教職員の呼称を名誉会員から特別会員に変更
*寿会員制度の廃止
*副会長の定員数を9名から15名以内に変更
*名誉会長を廃止して顧問に統一し、任務も規定
*代表幹事を役員から削除し別途規定
*会長の職務に役員会の招集と、総会・役員会・代表幹事会の議長を務めることを明記
*役員の任務を明記
この規約改定前の旧規約はこちらからご覧頂けます。